AD
スポンサーリンク
スポンサーリンク

多肉植物を冬越しさせるために押さえておくべきポイント3つは?

ハオルチア 多肉植物

多肉植物の冬越しって結局どうすればいいの?ポイントのみを分かりやすく解説して欲しい。

今回はこのようなお悩みにお答えします。

当記事をお読みいただければ、

  • 多肉植物を冬越しさせるために押さえておくべき3つのポイント
  • 多肉植物は屋外でも冬越しできるのか?
  • 寒さに弱い!冬に注意すべき多肉植物2つ

が理解できます。

この記事を書いた人
meme

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。小原流華道初等科修了。現在は自宅で約100種類の多肉&観葉植物を栽培中。365日植物を観察しまくり、失敗と成功を繰り返す中で導き出した「初心者でも植物を枯らさないコツ」を発信中!

memeをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

多肉植物を冬越しさせるために押さえておくべきポイント3つは?

以下3つのポイントさえ押さえておけば、多くの多肉植物を冬越しさせることが可能です。

多肉植物 冬越しのポイント①水やりは土が乾いて3~4日してから

挿し木から約半年経過した多肉植物

冬の多肉植物は寒さによって生育が鈍ります。

そのため、生育がさかんな春や秋と同じリズムで水やりをしていると、とたんに根が腐ってしまいます。

多くの多肉植物にとって冬は生育が緩慢になる「休眠期」です。土がしっかりと乾いてさらに3~4日ほど経ってから、土の約1/3が湿る程度に水を与えます。

多肉植物は肉厚の葉に沢山の水分を蓄えているよ。葉にシワがよってからの水やりでも大丈夫。冬は水をやり忘れるよりも、過ぎることによるリスクの方がずっと高い。

 さらにくわしく 「多肉植物 冬の水やり方法【タイミングや与える時間帯など】」

多肉植物 冬越しのポイント②0度程度までなら屋外でok

紅葉した多肉植物

多くの多肉植物は寒さに強いです。耐えられるのは0度程度まで。室内なら南~東向きの窓際がベストです。

0度以下になりそうなら室内に移動します。その際、できるだけ日当たりと風通しの良い場所に置くことが大切です。

日光が不足することで茎ばかりが間延びし、ひょろひょろの見た目に育ちます。

ひょろひょろに間延びした多肉植物

気温が許す限りは屋外に置くこと。これが多肉植物を丈夫に姿良く育てるコツだよ!

 さらにくわしく 「多肉植物を紅葉させるには?綺麗に紅葉させるコツ3つ」

多肉植物 冬越しのポイント③風通しの良い場所に置く

多肉植物を屋外で管理する場合、どうしても風通しが悪くなりがちです。

とはいえ、寒さの厳しい冬。頻繁に窓を開け閉めするわけにはいかないでしょう。そこで活躍するのがサーキュレーターです。

サーキュレーター

サーキュレーターや扇風機を活用することで空気の流れを作り出し、根腐れやカビ、害虫などのトラブルを防ぎます。

風通しが悪いと一か所に湿気や冷気が溜まりがちになる。土が乾くのも遅くなるから根腐れを起こしやすくなってしまうんだ。

 さらにくわしく 「観葉植物が喜ぶ!サーキュレーターおすすめの置き方」

 

多肉植物は屋外でも冬越しできる?

剪定後の多肉植物

多くの多肉植物は0度程度まで耐えられるため、地域によっては屋外での冬越しも十分可能です。

寒さを気にしすぎて日当たりの悪い室内に置いていると、茎ばかりが伸びる「徒長(とちょう)」や、通気性の悪さからくる「根腐れ」などを引き起こすことも

気温が許す限りは屋外で管理するのが多肉植物を丈夫に育てるコツ!

多肉植物を屋外で冬越しさせる際に押さえておくべきポイント

ただし、屋外で冬越しする場合は以下の点に気を付けてください。

  • 断水気味に管理し樹液濃度を高め寒さに備えておく。具体的には、土が乾いてさらに3~4日してからの水やり
  • 水やりのタイミングが分からなければ葉にシワがよってからでもok
  • 土が乾かないうちの水やりは厳禁
  • 水やりは葉に水滴がかからないようにすること
  • 水やりはできるだけ暖かい日に済ませる。水量は土の約1/3が湿る程度で十分
  • できるだけ日当たりの良い場所に置く

最低気温が15度以下になったら徐々に水やりを控え目にシフトして。冬越しに備えよう!

寒さに弱い!冬に気を付けるべき多肉植物2つは?

以下は寒さに弱い多肉植物です。ほとんどの地域では屋外での冬越しは難しいので、基本は屋内での冬越しとなります。

アロマティカス

直射日光に強いアロマティカス

アロマティカスが耐えらえる寒さは10度程度まで。最低気温が15度を下回るようになったら室内の明るい場所へ移動します。

うっかり寒さに当ててしまうと、とたんに凍傷を起こして腐敗します。(下写真)

寒さで傷んだアロマティカス

カランコエ

カランコエ

日当たりを好むカランコエもまた寒さに弱い多肉植物です。冬場は最低でも10度以上を保てる場所に置きます。

5度以下の寒さが続くと休眠に入り、そのまま枯れてしまうこともある多肉植物です。

 さらにくわしく 「寒さに弱い観葉植物5選!【初心者は避けるべきかも…】」

 

まとめ

  • 多肉植物を冬越しさせるために押さえておくべき3つのポイントは「水やりは土が乾いてさらに3~4日してから」「0度程度までなら屋外に置いてok」「風通しの良い場所に置く」の3つである
  • 多肉植物を屋外で冬越しさせる際に押さえておくべきポイントは、「断水気味に管理し樹液濃度を高めること」「日当たりの良い場所に置く」など
  • 中には寒さに弱い多肉植物もある。例えば「アロマティカス」「カランコエ」など

朝晩に0度以下になりそうな日は夜間だけでも室内に移動させよう。室内で管理する場合は南~東向きの窓際に置くのが基本だよ。

関連記事はこちらからどうぞ

「ひょろひょろの多肉植物はどうすべき?姿が乱れる理由と対処法を解説!」

「多肉植物の簡単な増やし方を分かりやすく解説します!」

「多肉植物 夏のお手入れはどうすべき?【水やり、置き場所など】」

人気のtopicsはこちら

「虫が苦手な方必見!清潔で快適に観葉植物を楽しむコツ3つ」

「100均の観葉植物を大きく育てる方法を徹底解説します!」

「観葉植物を害虫から守る!オルトランDXの使い方【簡単】」

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
多肉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
meme

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。小原流華道初等科修了。現在は自宅で約100種類の多肉&観葉植物を栽培中。365日植物を観察しまくり、失敗と成功を繰り返す中で導き出した「初心者でも植物を枯らさないコツ」を発信中!

memeをフォローする
memeをフォローする
Plantopics
タイトルとURLをコピーしました