AD
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リトープスが溶ける前兆は?溶かさないための管理ポイント5つ

子株が出てきたリトープス リトープス

リトープスは管理を間違えると溶けてなくなっちゃうって聞いた…。どうすれば溶けるのを回避して長く育てられるの?

大事に育てていたのにある日突然溶けるようにダメになってしまった…一体、何が原因だったの?溶ける前兆があるなら知っておきたい。

個性豊かな色味と模様が人気のリトープス。たくさんの品種を集めているというタニラーも多いのではないでしょうか?

愛好家も多い人気のリトープスですが、ある日突然溶けるようにして枯れてしまうことも…。

そこで今回は、リトープスが溶ける前兆や溶ける原因、溶けた時の対処法から予防法までをまとめてご紹介します。

この記事を読めば、

  • リトープスが溶ける前兆は?特に注意すべき時期について
  • リトープスが溶けた時の対処法
  • リトープスが溶ける原因は?
  • リトープスを溶かさないための管理のポイント5つ

が分かるよ!

この記事を書いた人
meme

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。小原流華道初等科修了。現在は自宅で約100種類の多肉&観葉植物を栽培中。365日植物を観察しまくり、失敗と成功を繰り返す中で導き出した「初心者でも植物を枯らさないコツ」を発信中!

memeをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リトープスが溶ける前兆は?気を付けるべき時期は脱皮後の梅雨~夏にかけて

カラフルで可愛いリトープス

筆者がこれまでリトープスを育ててきて、溶ける前兆には以下のようなものがありました。

そして、リトープスが特に溶けやすい時期は高温多湿に晒される梅雨~夏の時期です。

リトープスが間延びしたり脱皮後の葉が付いたままだったりする時は要注意

脱皮をお手伝い後のリトープス

日光不足が続いて株が細長く間延びしている場合はどうしても弱りやすいです。

また、脱皮後の葉が付いたまま梅雨に突入した場合は株が蒸れやすくなります。

結果、株の脆弱化や蒸れが引き金となって株が溶けてしまうことがあります。

脱皮後、葉が付いたまま梅雨に突入する場合は要注意

リトープスの脱皮

リトープスの種類によっては古い葉がいつまでも付いたままであることも多いです。

その場合、無理に古い葉を取ろうとすると株を傷めてしまう原因になります。

古い葉が取れない場合は無理に取らず、水遣りを控えて風通しの良い場所に置くことで蒸れによる腐敗を防ぎます。

 

 

リトープスが溶けた時の対処法

リトープスが溶けた場合、根が雑菌によって腐敗していると考えられます。

寄せ植えの場合、溶けたリトープスは早めに取り除いて腐敗の拡がりを防ぐ

溶けたリトープスは高確率で根が腐敗しています。

寄せ植えにしている場合、土の中で他のリトープスや多肉植物に腐敗が拡がる恐れがあります。

溶けてしまったリトープスは放置せず、早目に取り除いておきます。

リトープスは葉挿しや挿し木で復活させることはできない

残念ながら、すでに溶けてしまったリトープスは復活が難しいです。

リトープスは他の多肉植物のように「葉挿し」や「挿し木(挿し芽)」で復活させることができません。

だからこそ、風通しと水遣りには十分気を付けなくてはならないのです。

管理の見直し、水遣りの頻度の見直しを

溶けたリトープスを取り除いたら管理の見直しをしましょう。

溶けたリトープスと同じ管理環境で育てているリトープスがいる場合、同じように溶けてしまう可能性が高いです。

 

 

リトープスが溶ける原因は?

リトープスは何といっても蒸れを嫌います。一年じゅう室内で管理するのはかなり難しいでしょう。

リトープスが溶ける原因①風通しが悪い

気持ち悪いといわれるリトープス

リトープスを室内で管理している場合はどうしても風通しが悪くなります。

風通しが悪いと土が乾くまでに時間がかかるため、どうしても鉢内が蒸れやすくなるのです。

過度の暑さや寒さで室内管理をする場合、サーキュレーターをまわして空気の流れを作りだします。

 

 

リトープスが溶ける原因②高温多湿

リトープス(オリーブ玉)

高温多湿に晒される梅雨~夏場にかけては、リトープスが溶けるリスクがもっとも高まる時期です。

特に屋外管理の場合、25度以上の熱帯夜が続く夏場は夜だけ室内に移動して休ませてやるのが良いでしょう。

高温に晒され続けることで根が弱りやすくなります。

リトープスが溶ける原因③水の遣り過ぎ

小さな赤ちゃんリトープス

土が乾かないうちに次から次へと水遣りしていると、あっという間に根が腐敗し溶けてしまいます。

基本は土が乾いてからたっぷりと水を与えますが、脱皮中と梅雨~夏にかけては水遣りを控えて断水気味に管理する必要があります。

また、冬場も夏程ではなくとも乾かし気味に管理することで寒さから株を守ることができます。

 

 

リトープスが溶ける原因④深植えしすぎ

リトープスの植え付け

リトープスを土に深く植えすぎている場合はどうしても株が蒸れやすくなります。

自生地でのリトープスは頭頂部のみを岩場からぴょこっと出していますね。ただしそれは風通しの良い乾燥地帯だからこそ。

高温多湿や風通しの悪い室内管理の場合、深く植えすぎるとどうしても蒸れて溶けるリスクが高まります。

 

リトープスを溶かさないための管理のポイント5つ

リトープスを溶かさないための管理のポイントは以下5つです。

リトープスを溶かさないための管理のポイント①気温が許す限りは屋外で育てる

脱皮し始めたちょっと気持ち悪いリトープス

多くの多肉植物と同じく、リトープスも耐陰性がほとんどありません。

そのため、ずっと室内に置きっぱなしだとどうしても弱々しい姿になりがちです。

夏なら熱帯夜が続く夜のみ室内へ避難、冬なら0度以下になりそうな日の前夜に室内へ移動させておくと安心です。

室内管理の場合は明るく風通しの良い南向きの窓際に置くよ。ただし真夏の直射日光は避けて。夏はレースカーテンで調節してね。

リトープスを溶かさないための管理のポイント②脱皮前~脱皮中は水遣りを控える

脱皮中のリトープス

リトープスは一年に一回、3月~5月頃に古い葉を落として新しい葉を広げます。いわゆる「脱皮」です。

脱皮前や脱皮中は古い葉から内部の新しい葉に水分を移行します。

そのため、この時期に水を遣り過ぎると脱皮異常を起こして株が傷みやすいのです。

早いものだと2月頃から脱皮し始めるよ。葉にシワが寄り始めたら水遣りを控えてね。

 

リトープスを溶かさないための管理のポイント③梅雨~夏は暑さと強光、蒸れを避ける

室内の窓際に置いたリトープス

リトープスを育てる上でもっとも注意すべきが、高温多湿に晒される梅雨~夏にかけてです。

梅雨~夏はどうしても株が弱りやすいため、ちょっとしたストレスが致命傷となって株を溶かす原因になります。

梅雨~夏にかけては断水気味に管理し、直射日光を避けた風通しの良い場所に置きましょう。

水遣りは土がカラカラに乾いてさらに3~4日ほどしてから。気温が下がる夜に土の約1/3が湿る程度の量で水を足すくらいでok。水を遣り過ぎると腐敗はもちろん、徒長や実割れ(パンパンに膨らんで破裂)を引き起こすよ。

リトープスを溶かさないための管理のポイント④水はけの良い土をチョイス

室内向けの土

どんなに管理を気を付けていても、肝心の土がリトープスに合っていないと溶けるリスクは高いままです。

リトープスはとにかく水はけの良い土を好みます。観葉植物用の土だと蒸れやすいです。

市販の土を使う場合はさぼてんや多肉植物用の土を選びます。

 

 

リトープスを溶かさないための管理のポイント⑤通気性に優れる素焼き鉢やスリット鉢を使う

素焼き鉢

リトープスが特に溶けやすいのが高温多湿に晒される時期です。

そのため、リトープスを植えるならできるだけ通気性・排水性に優れる鉢を選ぶことも大事です。

おすすめは素焼き鉢やスリット鉢。これらの鉢は通気性・排水性に優れるためリトープスに適しています。

花が咲かないリトープス

個人的には素焼き鉢が好き。自然な雰囲気がリトープスとも合う。多孔質な素焼き鉢は鉢の側面に目に見えない穴が沢山開いているよ。蒸れにくいからリトープスとの相性も◎。

 

 

まとめ

  • リトープスが徒長していたり、脱皮後の古い葉が付いたままになったりしている場合は要注意
  • 古い葉が付いたまま梅雨に突入する場合は蒸れに気を付ける
  • 寄せ植えの場合、溶けたリトープスはできるだけ早めに取り除くことで腐敗が拡がるのを防ぐ
  • リトープスが溶けた場合は再発を防ぐためにも置き場所や水遣り頻度など管理の見直しをする
  • リトープスが溶ける主な原因は「風通しの悪さ」「高温多湿」「水の遣り過ぎ」「深植えしすぎ」などがある
  • リトープスが溶けるのを未然に防ぐポイントは「気温が許す限りは屋外で管理」「脱皮前~脱皮中は水遣りを控える」「梅雨~夏は強光、蒸れに晒さない」「水はけの良い土を選ぶ」「通気性・排水性に優れる鉢を選ぶ」など

明るく風通しの良い場所で乾燥気味に管理すること。これさえ守っていれば、初心者でも長く育てられる丈夫な多肉植物がリトープスだよ!

リトープスに関する記事はこちら

リトープスの増やし方は2パターン!手順を写真付きで解説
リトープスの増やし方をご存じですか?コロンとした見た目が可愛いリトープス。出来るなら沢山集めて楽しみたいですよね。そこで今回は、リトープスの増やし方を写真付きで分かりやすく解説します。リトープスを増やしたい方は必見です。
リトープスの種まき方法!種まきに適した時期、発芽後のお手入れ方法も
リトープスの種まきのやり方をご存じですか?コロンとしたフォルムとユニークな生態が面白いリトープス。今回はそんなリトープスを種から育てる方法をくわしく解説。種まきに適した土や容器、腰水方法、発芽後のお手入れ方法までをご紹介します!
リトープスの脱皮を解説!失敗を防ぐコツや脱皮中のお手入れ方法は?
リトープスは脱皮する多肉植物だということをご存じですか?カラフルな見た目とコロンとしたフォルムが可愛らしいリトープス。実は、1年に1回、古い葉を落として新しい葉を展開させます。その姿はまるで脱皮しているかのようです。
リトープスがしわしわになる時の原因と対処法!放置で大丈夫?
しわしわのリトープスにお悩みですか?今回は人気の多肉植物・リトープスがしわしわになる時の主な原因、対処法についてくわしく解説します。しわしわのリトープスにお悩みの方は、ぜひ今回の記事を参考にして管理を見直してみてください。
リトープスが難しいといわれる理由は○○!栽培のポイントは3つ
リトープスは育てるのが難しいと思っていませんか?コロンとしたボディと美しい天窓、そしてユニークな生態が人気のリトープス。初心者には栽培が難しい…と思われがちですが、管理のコツさえ押さえておけば手のかからないとても育てやすい多肉植物です。
リトープスの夏越し方法!気を付けるべきポイントは4つ 
リトープスの夏越し方法をご存じですか?冬型の多肉植物といわれるリトープス。夏の暑さは苦手で夏越しが難しい植物として知られています。今回はそんなリトープスの夏越し方法、押さえておくべきポイントをご紹介します。リトープスを育てている方は必見です
リトープスが枯れる原因!枯れそうな時の復活方法を症状別で解説
リトープスが枯れる原因をご存じですか?コロンとした見た目と生育のユニークさから人気の多肉植物リトープス。今回はそんなリトープスが枯れる原因と長持ちさせるコツ、枯れそうな時の復活方法を症状別でご紹介します。
リトープスが徒長する理由は?徒長してしまった時の対処法も
リトープスが徒長してしまう原因をご存じですか?徒長といえば日光不足が主な原因の一つですが、明るい場所に置いていたのにひょろひょろと間延びしてしまうこともあるでしょう。今回はリトープスを徒長させないコツをご紹介します。
気持ち悪い多肉植物・リトープス。キモいのに惹かれる3つの理由
リトープスは気持ち悪い…人気の意味が分からない…そんな風に思われていませんか?多肉植物の中でもユニークな見た目と特殊な生態で注目される「生ける宝石」ことリトープス。今回はリトープスが気持ち悪いと思われがちな3つの理由と人気の秘密をご紹介!
リトープスの花が咲かない原因は?押さえておくべき3つのポイント
花が咲かないリトープスにお悩みですか?うまく育てているはずなのになかなか花が咲かない…。今回は、リトープスに花が咲かない時の主な原因とその対処法についてご紹介します。リトープスの花が咲かずにお困りの方は必見です!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
リトープス多肉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
meme

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。小原流華道初等科修了。現在は自宅で約100種類の多肉&観葉植物を栽培中。365日植物を観察しまくり、失敗と成功を繰り返す中で導き出した「初心者でも植物を枯らさないコツ」を発信中!

memeをフォローする
memeをフォローする
Plantopics
タイトルとURLをコピーしました