AD
スポンサーリンク
スポンサーリンク

七福神を紅葉させるためのポイント3つとは?

七福神 多肉植物

丸みのある肉厚の葉がロゼット状に広がる姿が華やかで人気の多肉植物「七福神」。

秋が深まり冬に向かうにつれ葉が赤味を増していく姿が魅力的ですね。

しかし、「うちの七福神は冬なのに赤くならない…」とお悩みの方も多いかもしれません。

そこで今回は、七福神を紅葉させるためのポイント3つをご紹介します。

この記事を書いた人
meme

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。小原流華道初等科修了。現在は自宅で約100種類の多肉&観葉植物を栽培中。365日植物を観察しまくり、失敗と成功を繰り返す中で導き出した「初心者でも植物を枯らさないコツ」を発信中!

memeをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク

七福神を紅葉させるためのポイント3つ

では、七福神を紅葉させるポイント3つをみていきましょう。七福神を紅葉させるには、置き場所と水やりが重要になります。

七福神を紅葉させるポイント①基本は屋外で管理

七福神を紅葉させるためには基本は屋外に置いて管理するのが適します。

特に、七福神の生長が旺盛なのが春と秋です。この時期に屋外で育てることで、光合成をおこなうための葉緑素が十分に生成されます。

9月上旬の七福神
9月上旬の七福神

そして、気温が低くなると日光から葉緑素を守るための物質が生成されます。それが赤い色素のもとである「アントシアニン」です。アントシアニンは赤系色素で、低温時の強い日光から葉を守るためのシェードの役割を担います。

アントシアニンを作り出すには葉緑素の中に含まれる成分が必要になるため、そもそも、葉緑素が少ないと紅葉しにくいということになります。

一年を通して風通しよく日当たりの良い場所で管理することで、綺麗に紅葉させるための色素が生成されやすくなると考えられます。

あわせて読みたい「七福神を冬越しさせるためのコツ2つ【多肉植物】」はこちら

七福神を紅葉させるポイント②日当たりの良い場所に置く

冬場であっても日当たりの良い場所に置くことで綺麗に紅葉します。

理由は、「十分な日光が当たることで赤味の素となるアントシアニンが生成されやすくなるから」と考えられます。

「生長が止まっているし寒さを防ぐためにも室内に移動した方が安心では?」と思われるかもしれません。しかし、七福神は5度以下にならなければ屋外でも冬越し可能です。

七福神を紅葉させるポイント③乾燥気味に管理する

七福神を綺麗に紅葉させたい場合、水やりを控えて乾燥気味に管理することも大切です。

紅葉する時期は光合成のはたらきが弱まり活動がほぼ休止している状態です。そのため、緑色の時期と比べて水分を欲していません。

必要以上の水やりは根を傷める原因にもなります。特に、紅葉時期の冬場は乾燥気味に管理することで株の耐寒性を高めることもできます。

水やりは月に1~2回ほどを目安にして断水気味に管理します。分からなければ、葉にシワがよったタイミングでおこなうのが無難でしょう。

あわせて読みたい「ルビーネックレスが紅葉しない理由とは?」はこちら

まとめ

12月半ばの七福神
12月半ばの七福神

今回は、多肉植物「七福神」を高揚させるコツ3つをご紹介しました。

七福神を綺麗に紅葉させたい場合、室内に置きっぱなしにしているとなかなか難しいです。真夏と真冬を覗き、屋外で管理することが色素を濃くするためのコツでしょう。

特に、春と秋は七福神にとって生育が旺盛になる時期です。丈夫に育てて低温時の美し紅葉を楽しむには、十分な日光と風通しが欠かせませんね。

今回の記事をご参考に、七福神の管理を楽しんでみてください。

七福神を紅葉させるコツ3つとは?

1.基本は屋外で管理
⇒5度以下になる真冬や30度以上になる真夏以外は、屋外で管理することで色素を十分に生成させる

2.冬場も日当たりの良い場所で管理する
⇒赤い色素のもとであるアントシアニンを生成するには日光が必要

3.乾燥気味に管理する
⇒低温時は株の生長がほぼ止まっているため不要な水分は根を傷める原因にもなる

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
多肉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
meme

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。小原流華道初等科修了。現在は自宅で約100種類の多肉&観葉植物を栽培中。365日植物を観察しまくり、失敗と成功を繰り返す中で導き出した「初心者でも植物を枯らさないコツ」を発信中!

memeをフォローする
memeをフォローする
Plantopics
タイトルとURLをコピーしました