AD
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リプサリスの水やり頻度、量、時間帯を時期別で解説します!

リプサリス・ピロカルパ 多肉植物

「ヒモサボテン」と呼ばれるユニークな多肉植物「リプサリス」。その美しい姿を保つためには正しい水やりが欠かせません。

今回は、リプサリスの水やり頻度、量、時間帯などを時期別で解説します。

リプサリスを初めて育てる方や水やりに不安のある方は、ぜひこの記事を参考にされてくださいね。

この記事を読めば、

  • リプサリスの水やり頻度、量、時間帯の目安【時期別】
  • リプサリスとは?
  • リプサリスの育て方のポイント
  • リプサリスによくあるトラブル、対処法
  • リプサリスの増やし方

が分かるよ!

スポンサーリンク
この記事を書いた人
meme

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。小原流華道初等科修了。現在は自宅で約100種類の多肉&観葉植物を栽培中。365日植物を観察しまくり、失敗と成功を繰り返す中で導き出した「初心者でも植物を枯らさないコツ」を発信中!

memeをフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
  1. リプサリスの水やり頻度、量、時間帯を時期別で解説
    1. リプサリスの水やり頻度、量、時間帯【春~秋】
    2. リプサリスの水やり頻度、量、時間帯【冬】
  2. リプサリスとは?
    1. リプサリスはサボテンの仲間
    2. リプサリスの花言葉は「偉大」「燃える心」
    3. 垂れ下がる棒状の葉はハンギングにもぴったり
    4. 乾燥に強く耐陰性もあるので室内でも育てやすい
  3. リプサリスの育て方のポイント
    1. 室内なら南~東向きの窓際に置く
    2. 水はけの良い土を使う
    3. 春・秋には肥料を与えてもok
  4. リプサリスによくあるトラブルと対処法
    1. 病気
    2. 害虫
      1. ハダニの対処法
      2. カイガラムシの対処法
    3. 根腐れ
      1. 根腐れの対処法
    4. 根詰まり
    5. 葉焼け
      1. 葉焼けの対処法
  5. リプサリスの増やし方
    1. 挿し芽の方法
    2. 種まきの方法
    3. 株分けの方法
  6. 意外に種類豊富!さまざまなリプサリス
    1. 1. カスッサ
    2. 2. ケレウスクラ(青柳)
    3. 3. ホリダ
    4. 4. パラドクサ
    5. 5. エワルディアナ
    6. 6. ラムローサ
    7. 7. エリプティカ
    8. 8. ピロカルパ(フロストシュガー)
    9. 9. クルシフォルメ
    10. 10. ピンクサリー
    11. 11. プリスマティカ
    12. 12. ヘテロクラダ
    13. 13. カピリフォルミス
    14. 14. キルベルギー
    15. 15. クリスパータ
    16. 16. コナカルパ
  7. よくある質問
    1. 1. リプサリスは室内で育てることができますか?
    2. 2. リプサリスの水やりはどのくらい頻繁に行うべきですか?
    3. 3. リプサリスの種まきは難しいですか?
    4. 4. リプサリスは直射日光を浴びても大丈夫ですか?
  8. まとめ
    1. リプサリスに関する記事

リプサリスの水やり頻度、量、時間帯を時期別で解説

真冬のリプサリス

リプサリスは多肉植物のため、葉に沢山の水分を蓄えています。

そのため、毎日水やりする必要はありません。土が乾いてから与えるのが鉄則です。

リプサリスの水やり頻度、量、時間帯【春~秋】

  • 土が乾いたタイミングで鉢底から水が流れ出るくらいたっぷりと水やり
  • 水遣りの時間帯は夕方以降~夜におこなうのが基本

リプサリスを含む多くの多肉植物はCAM植物。CAM植物は、夜間にCO2を取り込み、それを日中に光合成に利用する性質を持つよ。夜間に水分を吸収する力が高まるから、水やりするなら夕方~夜が適しているんだ。

リプサリスの水やり頻度、量、時間帯【冬】

  • 土が乾いてさらに3日ほどしてから水やり
  • 土の約1/3が湿るくらいの量で与える
  • 時間帯は日中に済ませておくのが安心(夜の水やりだと根が冷える恐れがあるため)

冬は寒さによって生長が緩慢になるよ。暖かい時期と同じ頻度で水やりしていると、根腐れを起こしやすいんだ。冬の水やりは控え目にすることで耐寒性を高めることもできるよ。

☆★リプサリスの冬越し方法!3つのポイントを押さえて寒さを乗り切る↓↓

リプサリスの冬越し方法!3つのポイントを押さえて寒さを乗り切る
リプサリスを冬越しさせるために押さえておくべき3つのポイントをご存じですか?冬の寒さに弱いリプサリスを元気に冬越しさせるための寒さ対策方法を紹介。基本情報と育てる際のポイントを押さえ、寒い冬でも美しい姿が楽しめるようになりましょう!

 

スポンサーリンク

リプサリスとは?

ホムセンで買ったリプサリス・ピロカルパ

リプサリスはサボテンの仲間

リプサリスはサボテン科リプサリス属に属する植物であり、棒のような葉茎が特徴的なサボテンです。

「森林サボテン」とも呼ばれ、アメリカ大陸の熱帯雨林で見られます。

リプサリスの花言葉は「偉大」「燃える心」

花の咲いたリプサリス

また、リプサリスの花言葉は偉大や燃える心といった意味を持ち、お祝いのプレゼントや風水効果のある場面でも活躍します。

リプサリスの特徴的な姿や美しい花は、ユニークなインテリアグリーンとして部屋のアクセントになります。

垂れ下がる棒状の葉はハンギングにもぴったり

もさもさ茂ったリプサリス

リプサリスの葉茎は細長く、棒状の形状をしています。この形状のおかげで、ハンギングプランターや壁掛けなどで楽しむこともできます。

葉が伸びてくると葉先が分岐し、ボリューム感が増します。その姿はカッコよさを感じさせます。

乾燥に強く耐陰性もあるので室内でも育てやすい

窓際に吊るしたリプサリス・ピロカルパ

リプサリスは乾燥した環境でも育つことができるサボテン科の植物です。また、耐陰性も高く、日陰でも育てることができます。

乾燥に強いので水やりの手間も少なく済みます。忙しい方にもぴったりです。

株が充実してくると、春先に花を咲かせてくれることもあるよ。育てるほどに愛着がわいてくる不思議な多肉植物なんだ。

☆★リプサリスが枯れる原因は?リプサリスを長く育てるためのポイント3つ↓↓

リプサリスが枯れる原因は?リプサリスを長く育てるためのポイント3つ
リプサリスが枯れる原因をご存じですか?垂れ下がるように育つ不思議なサボテン「リプサリス」。暑さに強く乾燥にもよく耐えるリプサリスは、初心者でも育てやすい人気の多肉植物です。今回は、そんなリプサリスが枯れる原因やお手入れのコツを紹介します!

 

スポンサーリンク

リプサリスの育て方のポイント

ハンギングにした涼し気なリプサリス

リプサリスを長く楽しむためには、いくつかの育て方のポイントがあります。以下にそれぞれのポイントを詳しく解説します。

室内なら南~東向きの窓際に置く

リプサリスを室内で育てるなら南~東向きの窓際に置きましょう。屋外(15度以上)であれば半日陰が最適です。

熱帯雨林に生息しているため、高温多湿の環境を好みます。ただし、真夏の直射日光で葉を傷めやすいです。

リプサリスを屋外で育てるなら、真夏と10月以降~冬(15度以下)は、室内に移動させておこう。

水はけの良い土を使う

リプサリスの植え替え

リプサリスには市販の多肉植物・さぼてん用の土が適しています。

赤玉土や鹿沼土を配合した水はけの良い土を使うことで、根の傷みを防ぎつつ適切な水やり管理ができます。

特に室内管理の場合、風通しや日照時間の制限によってどうしても土が蒸れやすくなるよ。鉢は鉢穴が沢山開いた通気性の良いものを選ぼう。

春・秋には肥料を与えてもok

ハイポネックス(液体肥料)

リプサリスには特に肥料は必要ありませんが、花を咲かせたい場合や増やしたい場合は置き肥や液肥の利用が効果的です。

特に花の栄養素であるリン酸の肥料を4月から6月に与えると開花が促されますが、肥料の過剰投与は根の傷みに繋がるので注意が必要です。

生育が鈍る真夏と秋~冬は肥料は基本不要。吸収できないほどの肥料分は根を傷める原因になることもあるよ。

☆★初心者でも使いやすくて効果的!観葉植物におすすめの肥料【厳選・3選】↓↓

初心者でも使いやすくて効果的!観葉植物におすすめの肥料【厳選・3選】
観葉植物におすすめの肥料をお探しですか?肥料を探しているけど沢山あり過ぎてどれがいいか分からない…。そんな方に向けて、今回は初心者でも使いやすくて効果的な肥料をご紹介。使い方まで画像付きで分かりやすく解説いたします!

 

スポンサーリンク

リプサリスによくあるトラブルと対処法

毛の生えた紐状のリプサリス

リプサリスを育てる上でよく起きるトラブルとその対処法をまとめました。

病気

リプサリスは特にかかりやすい病気はありませんが、適切な管理がされない場合に弱ってしまうことがあります。以下の管理ポイントをしっかり守りましょう。

  • できるだけ明るく風通しの良い場所で管理する
  • 水やりは土が乾いてからおこなう

害虫

リプサリスには主に以下2種類の害虫が付くことがあります。

ハダニの対処法

  • 傷んだ葉をカットし、水や殺虫剤で防除する
  • ハダニは小さくて1匹ずつ取り除くのは難しい。傷んだ葉をしっかりカットし、予防に定期的な葉水や殺虫剤の塗布しておく

葉にクモの巣のような糸がついている・葉のに小さな虫がついている・葉に斑点や傷がある・葉の色が薄くなり枯れている。このような場合はハダニの可能性があるよ。

カイガラムシの対処法

  • 幼虫は薬剤で、成虫はブラシなどで引きはがして駆除する
  • カイガラムシは風通しの悪い場所に発生しやすい。明るく風通しの良い場所で管理する

根腐れ

根腐れは土中の酸素濃度が低下し、有機物の腐敗が進むことで起きます。以下の症状が見られる場合、根腐れの可能性があります。

  • 水をあげても元気にならない
  • 土が7日以上湿ったまま
  • 葉が落ちる
  • 葉が茶色や黄色に変色している
  • 幹や幹の根元が柔らかい
  • 土から腐敗臭がする
  • 土の表面にカビが生えている
  • 根が黒く変色している

根腐れの対処法

  1. 鉢や地面から植物を取り出し、悪い土を取り除いて水はけのよい土に植え替え
  2. 傷んでいる根や腐っている部分をカット
  3. 少量の水を与え、風通しの良い明るい日陰で管理

根詰まり

リプサリスの鉢底

根詰まりは、鉢の中で根がいっぱいになることで起きます。以下の症状が見られる場合は根詰まりの可能性があります。

  • 水が浸透しづらくなる
  • 根が鉢の底から出てくる
  • 葉が黄色くなる
  • 鉢にヒビが入る

根詰まりの対処法は、リプサリスをひとまわり大きな鉢に植え替えること。植え替えによって根詰まりの症状は解消されるよ。植え替えは春~秋の暖かい時期に済ませておこう。

葉焼け

葉焼けは、強い日差しを浴びすぎることによって起きる症状です。以下の症状が見られる場合は葉焼けの可能性があります。

  • 葉の色が抜けて白くなる
  • 葉の一部が茶色く枯れる

葉焼けの対処法

  1. 明るい日陰に移動させて直射日光から守る
  2. 葉焼けした部分はカットする

葉焼けが起きた場合は、直射日光を遮る対策をして葉を元気に保とう。カットした部分から新しい健康な葉が生えてくることもあるよ。

 

 

スポンサーリンク

リプサリスの増やし方

リプサリスの挿し芽

リプサリスを増やす方法は、挿し芽、種まき、株分けの3つがあります。

挿し芽の方法

挿し芽はリプサリスの茎を使って新しい株を増やす方法です。挿し芽を行う手順は次のとおりです。

  1. 健康な茎を選ぶ:まず、健康で太くしっかりした茎を選びます。茎には病気やダメージのないものを選びましょう。
  2. 乾燥させる:切り取った茎を数日間、乾燥させます。この期間に根が生えることがあります。
  3. 挿し芽を植える:2週間から1か月程度乾燥させた茎を土に植えます。明るい場所に置き、湿度を保ちます。水やりは軽く行い、土が乾燥しないように気をつけましょう。
  4. 成長後の管理:根が十分に成長したら、挿し芽を新しい鉢に植え替えます。

種まきの方法

種まきはリプサリスの種をまいて発芽させて増やす方法です。種まきの手順は次のとおりです。

  1. 適切な種まき容器を用意する:まず、栽培しやすい小さなプラスチックの種まきトレイやポットを用意します。容器には排水孔があるものを選びましょう。
  2. 適切な土を準備する:リプサリスの種まきには軽くて排水性の良いサボテン用の土が適しています。
  3. 種まき:準備した土に種をまきます。種は軽く土の上に散布し、覆いすぎないように注意しましょう。
  4. 水やりと管理:種まき後は、軽く水やりを行います。土が湿った状態を保ちつつ、過剰な水やりは避けます。
  5. 発芽と成長後の管理:発芽後は、明るい窓辺などの場所で十分な日光と適切な水やりを行い、成長を促進します。

株分けの方法

株分けはリプサリスの株を分けて増やす方法です。株分けの手順は次のとおりです:

  1. 成長した健康な株を選ぶ:株分けするために、健康な成長した株を選びます。
  2. 株を取り外す:リプサリスの株を慎重に取り外します。
  3. 株を分割する:取り外した株を根や茎に沿って分割します。この際、清潔なはさみを使用し、根を傷つけないように注意します。
  4. ほかの鉢に植え替える:切り取ったリプサリスは適切な鉢に植え替えます。
  5. 成長後の管理:根が十分に成長したら、通常のリプサリスと同じように管理します。水やりや日当たりなど、株が健康に成長するための環境を整えましょう。

 

スポンサーリンク

意外に種類豊富!さまざまなリプサリス

リプサリスは多くの品種が存在し、それぞれ異なる形や色を持っています。ここではいくつかの代表的な品種をご紹介します。

1. カスッサ

  • リプサリスの代表的な品種で、人気があります。
  • 多方向に伸びる茎が特徴で、下に垂れ下がる形状をしています。

2. ケレウスクラ(青柳)

  • 白い花を咲かせる美しい品種です。
  • 主茎の先に細かい枝が分かれて生えています。

3. ホリダ

  • 白く柔らかい毛で覆われており、存在感があります。
  • 太い茎を持っています。

4. パラドクサ

  • 連なった鎖のような形状が特徴です。
  • 最大で100センチまで成長することができます。

5. エワルディアナ

  • 茎の継ぎ目がはっきりしており、扁平な葉を持っています。
  • 鉢植えとしても素敵な存在感を発揮します。

6. ラムローサ

この投稿をInstagramで見る

a_plants(@a_plants2022)がシェアした投稿

  • 肉厚な平べったい葉を持つ珍しい品種です。
  • 緑と赤のコントラストがおしゃれで、存在感のある樹形をしています。

7. エリプティカ

この投稿をInstagramで見る

Ricca (リッカ)(@ricca_soja)がシェアした投稿

  • 葉のような柔らかい茎を持ちます。
  • 日光に当たると新芽が赤茶色に変わります。

8. ピロカルパ(フロストシュガー)

リプサリス・ピロカルパ

  • 株全体に細かな白綿のようなトゲがあります。
  • 鋭さはないため、安心して触れることができます。

☆★ホムセンで買ったリプサリス・ピロカルパのブログ。実際に育てて分かったこと↓↓

ホムセンで買ったリプサリス・ピロカルパのブログ。実際に育てて分かったこと
ホームセンターで買ったリプサリス・ピロカルパ。おしゃれな見た目に惹かれて衝動買い。そんなリプサリス・ピロカルパを育ててみた様子をブログで更新します。また、実際にリプサリス・ピロカルパを育ててみて分かったことも紹介。ブログは随時更新予定です。

9. クルシフォルメ

  • 細い枝を四方に伸ばす個性的な品種です。
  • 白い綿毛が生えており、インテリアグリーンとして人気です。

10. ピンクサリー

  • 新芽が淡いピンク色になります。
  • 落ち着くと色が緑色に変化します。

11. プリスマティカ

  • 先端が線香花火のように分岐した葉を持つボリューム感のある品種です。
  • 黄白色の花を咲かせます。

12. ヘテロクラダ

  • 細かく分岐した茎がふんわりと茂ります。
  • 好みの大きさに整えることができます。

13. カピリフォルミス

  • 円錐状の茎が放射状に広がります。
  • 下に垂れ下がる形状をしているのでハンギンググリーンとしても楽しめます。

14. キルベルギー

  • 細長い茎が少し角ばった形をしています。
  • 存在感があり、個性的な印象を与えます。

15. クリスパータ

この投稿をInstagramで見る

札幌 color(@sapporo_color)がシェアした投稿

  • 黄緑色の波打つ葉が特徴です。
  • 春には白い小さな花を咲かせます。

16. コナカルパ

  • 柱状の茎が珊瑚のように群生しています。
  • 上に伸びる品種なので鉢植えでも楽しむことができます。

リプサリスの品種は、それぞれ個性的で魅力的な特徴を持っているよ。お好みやインテリアのテイストに合わせて、ぜひお気に入りの品種を選んでみてね。

 

 

スポンサーリンク

よくある質問

1. リプサリスは室内で育てることができますか?

はい、リプサリスは室内で育てることができます。明るい場所や半日陰が最適な環境です。

2. リプサリスの水やりはどのくらい頻繁に行うべきですか?

リプサリスの水やりは土の乾燥具合を確認しながら行います。通常は土が乾いたらたっぷりと水を与えると良いでしょう。

3. リプサリスの種まきは難しいですか?

種まきは少し時間がかかる方法ですが、リプサリスの特徴が生まれるため興味深い方法です。適切な管理や明るい場所で行えば成功する可能性が高いです。

4. リプサリスは直射日光を浴びても大丈夫ですか?

リプサリスは直射日光には弱いため、直射日光を避けることが推奨されます。半日陰が最適な環境です。

 

スポンサーリンク

まとめ

リプサリスは、水やりの頻度が少なくても育てることができるサボテン科の植物です。

乾燥に強く、鉢の中の水分を保つ能力があるため、適度な水やりで管理することが大切です。

特に夏の暑い時期や乾燥した環境では、水やりの頻度を増やす必要があります。

また、冬の休眠期には水やりを控えることが大切です。

水やりの際は、葉に水がかからないよう注意。特にリプサリスは葉の間に水が溜まると腐ってしまう恐れがあるよ。根元から水を与えて葉を濡らさないようにしてね!

リプサリスに関する記事

リプサリスの冬越し方法!3つのポイントを押さえて寒さを乗り切る
リプサリスを冬越しさせるために押さえておくべき3つのポイントをご存じですか?冬の寒さに弱いリプサリスを元気に冬越しさせるための寒さ対策方法を紹介。基本情報と育てる際のポイントを押さえ、寒い冬でも美しい姿が楽しめるようになりましょう!
リプサリスが枯れる原因は?リプサリスを長く育てるためのポイント3つ
リプサリスが枯れる原因をご存じですか?垂れ下がるように育つ不思議なサボテン「リプサリス」。暑さに強く乾燥にもよく耐えるリプサリスは、初心者でも育てやすい人気の多肉植物です。今回は、そんなリプサリスが枯れる原因やお手入れのコツを紹介します!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
多肉植物観葉植物
スポンサーリンク
この記事を書いた人
meme

農業高校卒業。園芸を専門に3年間学ぶ。小原流華道初等科修了。現在は自宅で約100種類の多肉&観葉植物を栽培中。365日植物を観察しまくり、失敗と成功を繰り返す中で導き出した「初心者でも植物を枯らさないコツ」を発信中!

memeをフォローする
スポンサーリンク
memeをフォローする
スポンサーリンク
Plantopics
タイトルとURLをコピーしました